IT系の仕事と目の疲れについて

IT系の仕事は、1日に何時間もPCの画面を見続けなければならないので、目に負担がかかることは避けられません。

しかし、目の疲れが溜まって眼精疲労にまでなると、肩凝りや頭痛などの症状も出て来ますし、完治にも時間を要することになります。
ですから、目の疲れを回復させる方法を知っておかなければなりません。
一つ目は、「眼球のストレッチ」。
まず、眼球を左右上下に3秒ずつ動かすという動作を、2回行います。
その後、眼球の位置を正面に戻したら、強く目をつぶります。
これを2~3セットするだけで、目の筋肉の凝りを予防できます。
二つ目は、「目に蒸しタオルを当てる」。
お風呂に入る前や就寝前などに、蒸しタオルを目に当てることで、血行が改善されます。
これにより、目の疲れも回復しやすくなります。
三つ目は、「ツボを押す」。
ツボには多くの種類がありますが、例えば眉尻と目尻の真ん中辺りからやや外側にある「太陽」というツボなどは、目の疲れに効果があります。