IT関係の仕事と職業病眼精疲労と肩こりの対処法

IT関係の仕事をしていると、仕事内容が好きで取り組めていてもその間に眼精疲労や肩こりなどの問題を抱えることがよくあります。

眼精疲労には慢性的になっていて、何となく目が痛くなりそうだなぁという時は机の上に目薬を置いていつでも点眼できるような状態にしています。それか、作業をする前に前もって目薬を予防として差しておくこともままあります。

目薬を差し忘れた状態で作業に没頭するあまり眼精疲労になり症状を拗らせて眼痛や頭痛になったときのために鎮痛剤と水筒も携帯していて、いつでも飲めるようにしています。

次に、肩こりもよくなります。

もともと猫背なのもあってより肩こりになりやすいため、作業がひと段落ついたら椅子に座った状態で背中を後ろに反らせて体を伸ばすようにしています。肩こりに関しても、症状が重くなってしまったときのために痛み止めと湿布を何枚かいつも持ち歩いて痛みが強い時はトイレで湿布を貼って作業に戻ることもあります。