IT仕事の目の疲れには目を閉じること

IT系の仕事での心身のつかれには、「数分でも目を閉じること」で対処しています。パソコンのモニターをずっと見つめていますと、どうしても目が疲れてくるのです。目の焦点が合わなくなってきたりもするのです。

熱中してパソコン作業をしていますと、そもそも「まばたき」を忘れがちですからね。だからこそ、目が疲れてしまって目の焦点が合いづらくなってくることもあるのです。

そんな時は、迷わず目を閉じてください。本当は寝てしまうのがいいのですが、しかしリリース前の切羽詰まっている時に寝てらんないというものでしょう。

けれどあまりにも目の焦点が合わない頻度が高くなってきましたら、それはもう「目を閉じること」ですよ。1分でもいいんです。パソコンのモニター以外のところを見るのではなく、いっそのこと目を閉じてしまうのです。私はこの方法にて対処していますね。

しかし頭の方が働くなってきましたら、それはもう眠ります。30分程度でも気分転換になりますので、脳みそが起きてこなくなったら作業で失敗するかもしれませんので、そこは潔く数分寝ます。