ITエンジニアの宿命眼精疲労と腰痛

ITエンジニアとして仕事をしてきましたが、多くの人が共通の悩みを持っていると思います。今回は以下の2点を書かせていただきます。

(眼精疲労)
これはITエンジニアとして多くの方が悩んでいると思います。
毎日デスクでPCの画面を見続けていると本当に目が疲れてくるのです。
ひどくなると涙がうまく分泌されにくくなり、目が徐々に乾いてきてしまう俗にいう「ドライアイ」になってしまうこともあります。
眼精疲労には、蒸したタオルや薬局等で市販されているホットアイマスク等を目に乗せて血液の循環を促してあげると疲労が取れるので、おすすめです。

他にも、常にPCの画面(近い場所)を見続けることも目の筋肉を緊張させてしまいよくないため、時々遠くを見るようにすると目の緊張がほぐれます。

(腰痛)
こちらもITエンジニアには付き物で、毎日のデスクワークで慢性的な腰痛になっている方が多くいます。
座っているだけなんだから腰痛にはならないのでは?と思われるかもしれませんが、ただ座っているだけでも悪い姿勢を長期間続けることで慢性的な腰痛を引き起こしてしまいます。

対処方としては、1時間に1度は休憩をとり軽いストレッチ等で背中の緊張をほぐしてあげると良いです。

また、背中・肩の丸まり、背骨等の重心の偏り、頭部が前に出てしまう、といった悪い姿勢も腰痛を引き起こす元となるので、心の片隅で常に正しい姿勢を意識しておき、悪い姿勢になっていることに自身で気がつき、修正できるようになることが大事です。

以上、ITエンジニアの宿命ともいえる症状を書かせていただきました。

自身の意識次第で症状の緩和や改善はできると考えています。

仕事と同じで、小さなことの積み重ねを意識することが重要なのだと思います。

IT系の仕事で目の疲れから頭痛になります

IT系の仕事をしていると、ずっとパソコンを使った作業になるため、目が次第に疲れるのがわかります。眼精疲労から頭痛がするようになるため、休憩時間はなるべく遠くを見たり、目の疲れを取るような対策を普段から行うようにしています。やはり眼精疲労が重なると頭痛がして、仕事に集中できないようになるため、早めに目の疲れは取るようにしています。眼精疲労に効果があるブルーベリーやベリー系の食べ物や飲み物など積極的に取り入れたり、サプリなども摂取して目のマッサージを自分で行うようにしています。パソコンをずっと使うので、たまに気分転換が必要になりますし、定期的なリフレッシュも必要です。休憩時間は、窓の外を見て、遠くを見るようにしているので上手にリフレッシュできるようになりました。こうすることでだいぶ眼精疲労も和らいでくるようになり、頭痛も治まってきたのを感じるようになったので毎日の生活が大きく変化してきたのを実感できます。

IT系の仕事と目の疲れについて

IT系の仕事は、1日に何時間もPCの画面を見続けなければならないので、目に負担がかかることは避けられません。

しかし、目の疲れが溜まって眼精疲労にまでなると、肩凝りや頭痛などの症状も出て来ますし、完治にも時間を要することになります。
ですから、目の疲れを回復させる方法を知っておかなければなりません。
一つ目は、「眼球のストレッチ」。
まず、眼球を左右上下に3秒ずつ動かすという動作を、2回行います。
その後、眼球の位置を正面に戻したら、強く目をつぶります。
これを2~3セットするだけで、目の筋肉の凝りを予防できます。
二つ目は、「目に蒸しタオルを当てる」。
お風呂に入る前や就寝前などに、蒸しタオルを目に当てることで、血行が改善されます。
これにより、目の疲れも回復しやすくなります。
三つ目は、「ツボを押す」。
ツボには多くの種類がありますが、例えば眉尻と目尻の真ん中辺りからやや外側にある「太陽」というツボなどは、目の疲れに効果があります。

 

眼精疲労にはPCメガネ

IT系の仕事で疲れることは、やはり眼精疲労です。一日中パソコンと向き合って行う仕事なので、目が疲れることはもちろん、肩こりもあります。現在IT系の会社に勤めて6年目ですが、はじめの1年間はとにかく我慢して過ごしていました。しかし、どうしてもこの眼精疲労を何とかしたいと思い、色々とインターネットで探していると、PCメガネというものを発見しました。最初PCメガネと聞いた時は、正直あまり信用していませんでしたが、まあ物は試しだと思い、購入してみることにしました。しかし、実際にPCメガネを使用してみると効果覿面で、本当に購入して良かったと感じました。ブルーライトをカットするだけでこんなにも違うのかと驚きました。まず、目がほとんど疲れません。1日の仕事が終わった後の疲労感がPCメガネがある場合と、ない場合では全然違ってきます。さらに、目の疲れだけでなく、肩こりもかなり軽減されました。IT系の仕事をされている方には是非おすすめします。

IT系の仕事は目の疲労と肩こりが酷くなるので対策しながら働く事が大切

IT系の仕事をする時は主にパソコンやスマホを利用する事が多いので目に疲労が溜まります。パソコンやスマホの画面からブルーライトと呼ばれている強い光が出ているのでしっかり対策する必要がありました。それで定期的に休憩を入れて目を休ませる回数を多くしてみました。それで目にかかる負担を軽減していきました。またブルーライトカット機能を付いているメガネを作ってパソコンやスマホを利用して仕事をしている時は常にメガネをかけるようにしてみました。それでブルーライトが目に悪影響を与えないようにしてみました。

IT系の仕事をしているとパソコン作業をする時間が長くなるので肩こりが酷くなります。それで入浴後にストレッチなどをして肩こりが酷くならないようにケアしています。また2週間の1度のペースでリラクゼーションサロンでマッサージを受けるようにしています。マッサージを受けて肩こりの症状を和らげるようにしています。

IT系の仕事をしている時は目の疲労と肩こりが酷くなるので今後もケアしながら仕事をしていく予定です。