システム開発の仕事で疲れた時は

システム開発の仕事をしていると、疲れることがあります。

それは仕事そのものよりも、「スケジュールが厳しい」「同僚や顧客との人間関係」であることが多かったりします。

では、そのようなことで疲れている場合、どうしたらよいのでしょうか。

対策としては、以下のような物があります。

一つ目は、「新人の頃を思い出す」。

システム開発の仕事に就いたばかりの頃は、「この仕事は面白い」「凄いソフトを作れるようになりたい」などと思っていたはずです。

それを思い出してみれば、仕事自体は面白いということが改めて認識できるでしょう。

二つ目は、「新天地を求める」。

「システム開発自体は好きだが、今の仕事は楽しくない」と感じるのであれば、職場が合っていない可能性があります。

配転を願い出てもよいですが、それよりは転職したほうがよいかもしれません。

違うプロジェクトであっても、同じ会社内だと内容自体は大差ないことが多いからです。

転職すれば大きく環境が変わるので、新鮮さを取り戻すことができます。