眼精疲労のケアが大事

IT系の仕事は、ときに1日中パソコンの画面をみていることもあります。そのときに一番疲れるのはやはり目です。眼精疲労によって肩こりが酷くなるわ、頭痛はしてくるわで本当に辛いです。あまりにも眼精疲労が辛いので、これはなんとかしなくてはと思い、目のケアについて考えました。そこで一番効果が高かったのが、PCメガネです。画面から発せられるブルーライトをカットすることができるメガネで、これがかなり眼精疲労予防に効果的でした。このPCメガネを使うことで、だいぶ肩こり、頭痛が軽減されたと思います。パソコンの作業で辛いことはもう1つあります。それは足のむくみです。これはパソコン作業を1日中行っていると、座面と太ももが圧迫され、血流が悪くなってしまうことが原因です。私が使っているパソコンチェアは、安いものだからなのか、自分の体型とあっていないからなのか、とにかく足がむくみます。夕方にはパンパンになっていて、歩くのが辛いです。この解消法はまだ見つかっていないのですが、適度に立ったりして、血流をよくするようにしています。そのうちスタンディングデスクを導入したいなと思っています。

眼と腰が疲れる

IT系の仕事の疲れるところ、といいますと先ずは目です。

パソコンをずっと見ていることの多い仕事ですから目の疲れ、視力の衰えは否めません。

目をいたわるように、自分で調節する必要がるでしょう。

自分の体をしっかり守っていくべき仕事が意外にもIT系といえるでしょう。

目の次にポピュラーな事例は腰痛です。

プログラマーの方に腰痛の方はとっても多いのです。

その症状も、一日三食後に痛み止めの薬をもう10年飲んでいるよ、という方もおられます。

腰痛のために歩けなくなって、出社できなくなる方もおられます。

中には突然足を引きずって歩いている人も良く見かけます。

腰痛の方たちはそれぞれに悩み、病院でも検査を重ねていますが、あまりよくなる傾向はありません。

日本の腰痛のなんと60パーセントが原因不明だというデータもあるほどですから、皆さん腰痛との付き合いには難儀されています。

中には、大きなストレスがかかるプロジェクトの時だけ足が動かなくなるという方もおられます。

痛くても仕事、というのはつらい現状です。

IT系の仕事の疲れはリラクゼーションとサプリ、目薬などで軽減対策をすることがお勧めです。

IT系の会社に就職し、現在はサーバーの管理や顧客のデーター処理の仕事をしています。仕事にまだ慣れていないことやデーター処理にミスがないよう神経を集中していることで肩こりや目の疲れが酷くリラクゼーションに通っています。眼精疲労から頭痛や肩こりが酷く眠れないことも屡々です。会社の先輩にリラクゼーションを勧められマッサージなどをして貰うことでかなり症状は改善してきています。

パソコンの画面を一日中見ているので眼精疲労が心配でした。眼精疲労にはルテインが多く配合されたサプリの服用が最適と3ヶ月前から飲み始めています。眼精疲労に効果がある目薬も買い揃え試しています。

以前、目は肝臓や腎臓の影響を受け易く内臓が弱っているときも眼精疲労に繋がると病院で説明を受けました。肝臓は血液の中の老廃物や毒素を分解し綺麗になった血液と共に栄養を体全体に運びます。腎臓は、血液を濾過し老廃物や塩分を体外に排出させる働きと血圧を調節する働きをします。内蔵機能が正常に機能しないと眼精疲労の原因にもなります。胸からお腹周辺を温めることで内蔵の機能を回復させ正常に働かせることに役立ちます。

私はIT系の仕事の疲れをリラクゼーションやサプリ、目薬とお腹を温めることで軽減させています。

実はビタミンBなどが効果大

エラーは出ないのに動かないプログラム、表計算やデータマインニングの山。いくらデスクワークとはいえ目・肩・腰がおかしくなってきます。

目については不明なのですが、実は運動する人の必需品の「アミノ」酸(BCAAと書かれたやつです)が肩や腰、そしてなにより重要な「頭の疲れ」を癒す効果があるそうなのです。

マラソンランナーの方など、補給でアミノ酸入りスポーツドリンクを飲んでいますが、あの手のものではなく、もっとたくさんアミノ酸が含まれている飲料や水に溶かして飲むスティックを使います。

実際、どうだったかといえばプラセボ効果(ニセ薬効果)が効かないわたしでも、疲れて「マイナス」になった体や頭を「ゼロ」近くまで回復させられました。デスクワークも「運動」と同じだったんだなぁと思い知らされました。

人それぞれかもしれませんが、アミノ酸が「濃い」やつで試しても、悪くはないと思います。ただ眼精疲労にはあまり効果なし。こちらは正直に目薬がビタミンBの補給でしょうか。

デスクワークでの目疲れ

私はIT企業で勤務しております。

業務を行うときはいつもPCを使用しているため、モニタを常に見続けながらの作業となります。

それが毎日何時間も続くと、ある時、目が疲れてきたなと感じてきます。

その状態で気にせず業務を続けると、頭痛や肩こりなど、身体のいたるところへの不具合が生じてきます。

ですが、どうしてもPCは使わざるをえないため、日常的に目の疲れを取ることを行っております。

例えば、帰宅して家で落ち着いたとき、お湯を絞ったタオルを目の上にのせて5分ほど休息をとるだけでも、かなり目が楽になります。また、目薬も使用しておりますが、そこまで刺激の強くないものを1日数回に分けて使用しております。寝る前はなるべく、目を使う趣味(本、スマホ、テレビ、PCなど)を行わず、音楽を聴いたりアロマを焚いたりしています。1日の中で、これらのどれかを行うだけでもかなり楽になります。また、業務中も常に見続けるのではなく、30分~1時間間隔で、一度モニタから目を離し、軽く目を休ませることでかなり違いがあります。

IT関係の仕事と職業病眼精疲労と肩こりの対処法

IT関係の仕事をしていると、仕事内容が好きで取り組めていてもその間に眼精疲労や肩こりなどの問題を抱えることがよくあります。

眼精疲労には慢性的になっていて、何となく目が痛くなりそうだなぁという時は机の上に目薬を置いていつでも点眼できるような状態にしています。それか、作業をする前に前もって目薬を予防として差しておくこともままあります。

目薬を差し忘れた状態で作業に没頭するあまり眼精疲労になり症状を拗らせて眼痛や頭痛になったときのために鎮痛剤と水筒も携帯していて、いつでも飲めるようにしています。

次に、肩こりもよくなります。

もともと猫背なのもあってより肩こりになりやすいため、作業がひと段落ついたら椅子に座った状態で背中を後ろに反らせて体を伸ばすようにしています。肩こりに関しても、症状が重くなってしまったときのために痛み止めと湿布を何枚かいつも持ち歩いて痛みが強い時はトイレで湿布を貼って作業に戻ることもあります。

ITエンジニアの宿命眼精疲労と腰痛

ITエンジニアとして仕事をしてきましたが、多くの人が共通の悩みを持っていると思います。今回は以下の2点を書かせていただきます。

(眼精疲労)
これはITエンジニアとして多くの方が悩んでいると思います。
毎日デスクでPCの画面を見続けていると本当に目が疲れてくるのです。
ひどくなると涙がうまく分泌されにくくなり、目が徐々に乾いてきてしまう俗にいう「ドライアイ」になってしまうこともあります。
眼精疲労には、蒸したタオルや薬局等で市販されているホットアイマスク等を目に乗せて血液の循環を促してあげると疲労が取れるので、おすすめです。

他にも、常にPCの画面(近い場所)を見続けることも目の筋肉を緊張させてしまいよくないため、時々遠くを見るようにすると目の緊張がほぐれます。

(腰痛)
こちらもITエンジニアには付き物で、毎日のデスクワークで慢性的な腰痛になっている方が多くいます。
座っているだけなんだから腰痛にはならないのでは?と思われるかもしれませんが、ただ座っているだけでも悪い姿勢を長期間続けることで慢性的な腰痛を引き起こしてしまいます。

対処方としては、1時間に1度は休憩をとり軽いストレッチ等で背中の緊張をほぐしてあげると良いです。

また、背中・肩の丸まり、背骨等の重心の偏り、頭部が前に出てしまう、といった悪い姿勢も腰痛を引き起こす元となるので、心の片隅で常に正しい姿勢を意識しておき、悪い姿勢になっていることに自身で気がつき、修正できるようになることが大事です。

以上、ITエンジニアの宿命ともいえる症状を書かせていただきました。

自身の意識次第で症状の緩和や改善はできると考えています。

仕事と同じで、小さなことの積み重ねを意識することが重要なのだと思います。

IT系の仕事で目の疲れから頭痛になります

IT系の仕事をしていると、ずっとパソコンを使った作業になるため、目が次第に疲れるのがわかります。眼精疲労から頭痛がするようになるため、休憩時間はなるべく遠くを見たり、目の疲れを取るような対策を普段から行うようにしています。やはり眼精疲労が重なると頭痛がして、仕事に集中できないようになるため、早めに目の疲れは取るようにしています。眼精疲労に効果があるブルーベリーやベリー系の食べ物や飲み物など積極的に取り入れたり、サプリなども摂取して目のマッサージを自分で行うようにしています。パソコンをずっと使うので、たまに気分転換が必要になりますし、定期的なリフレッシュも必要です。休憩時間は、窓の外を見て、遠くを見るようにしているので上手にリフレッシュできるようになりました。こうすることでだいぶ眼精疲労も和らいでくるようになり、頭痛も治まってきたのを感じるようになったので毎日の生活が大きく変化してきたのを実感できます。

IT系の仕事と目の疲れについて

IT系の仕事は、1日に何時間もPCの画面を見続けなければならないので、目に負担がかかることは避けられません。

しかし、目の疲れが溜まって眼精疲労にまでなると、肩凝りや頭痛などの症状も出て来ますし、完治にも時間を要することになります。
ですから、目の疲れを回復させる方法を知っておかなければなりません。
一つ目は、「眼球のストレッチ」。
まず、眼球を左右上下に3秒ずつ動かすという動作を、2回行います。
その後、眼球の位置を正面に戻したら、強く目をつぶります。
これを2~3セットするだけで、目の筋肉の凝りを予防できます。
二つ目は、「目に蒸しタオルを当てる」。
お風呂に入る前や就寝前などに、蒸しタオルを目に当てることで、血行が改善されます。
これにより、目の疲れも回復しやすくなります。
三つ目は、「ツボを押す」。
ツボには多くの種類がありますが、例えば眉尻と目尻の真ん中辺りからやや外側にある「太陽」というツボなどは、目の疲れに効果があります。

 

眼精疲労にはPCメガネ

IT系の仕事で疲れることは、やはり眼精疲労です。一日中パソコンと向き合って行う仕事なので、目が疲れることはもちろん、肩こりもあります。現在IT系の会社に勤めて6年目ですが、はじめの1年間はとにかく我慢して過ごしていました。しかし、どうしてもこの眼精疲労を何とかしたいと思い、色々とインターネットで探していると、PCメガネというものを発見しました。最初PCメガネと聞いた時は、正直あまり信用していませんでしたが、まあ物は試しだと思い、購入してみることにしました。しかし、実際にPCメガネを使用してみると効果覿面で、本当に購入して良かったと感じました。ブルーライトをカットするだけでこんなにも違うのかと驚きました。まず、目がほとんど疲れません。1日の仕事が終わった後の疲労感がPCメガネがある場合と、ない場合では全然違ってきます。さらに、目の疲れだけでなく、肩こりもかなり軽減されました。IT系の仕事をされている方には是非おすすめします。