IT系の仕事は目の疲労と肩こりが酷くなるので対策しながら働く事が大切

IT系の仕事をする時は主にパソコンやスマホを利用する事が多いので目に疲労が溜まります。パソコンやスマホの画面からブルーライトと呼ばれている強い光が出ているのでしっかり対策する必要がありました。それで定期的に休憩を入れて目を休ませる回数を多くしてみました。それで目にかかる負担を軽減していきました。またブルーライトカット機能を付いているメガネを作ってパソコンやスマホを利用して仕事をしている時は常にメガネをかけるようにしてみました。それでブルーライトが目に悪影響を与えないようにしてみました。

IT系の仕事をしているとパソコン作業をする時間が長くなるので肩こりが酷くなります。それで入浴後にストレッチなどをして肩こりが酷くならないようにケアしています。また2週間の1度のペースでリラクゼーションサロンでマッサージを受けるようにしています。マッサージを受けて肩こりの症状を和らげるようにしています。

IT系の仕事をしている時は目の疲労と肩こりが酷くなるので今後もケアしながら仕事をしていく予定です。